FX自動売買業者ランキング

1000通貨から売買可能の業者は?

メタトレーダーやミラートレーダーを使用して、FXの自動売買を行う場合、裁量取引などと比べると、取引の数量が多くなりがちです。FXの自動売買は、トレードプログラムに依存し、24時間取引をすることができるため、取引の数量は自然と増大します。さらに、トレードプログラムによる自動売買でコンスタントに利益を生むためには、通常、ひとつのトレードプログラムに依存することはなく、ポートフォリオを意識して、複数のトレードプログラムを組み合わせて稼動させます。FXの自動売買で稼ぐには、プログラム依存、24時間取引、ポートフォリオを採用した投資などを考慮しなければなりませんので、取引数量をカバーできるほどの潤沢な資金を準備することが要求されます。

潤沢な資金を準備することが難しい人は、できるだけ最小取引単位が低いFX会社を選びましょう。そうすることで、少ない資金であっても、取引できる回数を増やすことができます。例えば、トレードプログラムが「一度に4ポジション取り、100pipsのストップロスを同時に注文するタイプ」であれば、「連続して3回負ける」と、4×100×3=1200pipsの損失を生みます。ドル円を1万通貨単位で取引した場合、12万円の損になります。そこで、最小取引単位を1000通貨にすれば、損失は1/10になるため、1 万2千円の損で済むのです。

このとおり、充分な資金が用意できないときは、できるだけ最小取引単位が低いFX会社を選びましょう。現在、自動売買ができるメジャーなFX会社における最小取引単位は1000通貨単位です。1000通貨単位を採用しているメジャーなFX会社は、「サイバーエージェントFX、FXCMジャパン、Forex.com」などです。

また、資金的都合以外でも、1000通貨単位を採用するメリットはあります。

MT4などを使用して自動売買を開始する場合、新しいEA(トレードプログラム)をインストールして、いきなり実際の相場で稼動させる人はいないでしょう。まずは、ヒストリカルデータやデモトレードを利用して、稼動状況や成績などを検証し、その後、パラメーターを微調整するなどして、納得できる成績を残してから、実際の相場で稼動させます。しかし、十分な検証結果を残したところで、実際の相場では、検証中にはわからなかったことや、見えなかったリスクが露呈し、思わぬ損失を生むケースもあります。そのため、トレードプログラムの実装後は、1000通貨単位などの取引単位を低く設定してから、慣らし運転をすべきでしょう。


>> 【初心者向け】「ミラートレーダー」人気ランキングはコチラ

>> 【上級者向け】「メタトレーダー4」人気ランキングはコチラ



TOP

ミラートレーダーの業者

MT4の業者

FX自動売買の基礎知識

FX自動売買の人気コラム

このサイトについて


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2015 FX自動売買業者ランキング All Rights Reserved.