FX自動売買業者ランキング

FX自動売買の始め方

FX自動売買を始めるためには、FX自動売買取引システムであるメタトレーダーあるいはミラートレーダーを導入しているFX業者で口座を開設して、その後、FX業者のホームページから、必要なソフトウェアを利用者のトレード用PCやモバイル端末にダウンロードして、インストールをするだけです。

なお、FX業者または選択するシステム(「メタトレーダー4」や「ミラートレーダー」など)によって、口座開設のための条件、または、口座を維持するための条件が異なりますので、FX業者のホームページやお問い合わせ先で確認しましょう。

世界で支持されているFX自動売買取引ソフトである「メタトレーダー4」を導入しているFX業者は数多くあります。そのうち、トレーダーの間で定評があるのが、「FXトレードフィナンシャル、サイバーエージェントFX、FXCMジャパン、Forex.com」の4つのFX業者です。そして、ここ数年で台頭してきた「ミラートレーダー」を導入しているFX業者は「Forex.com」です。それでは、FX自動売買の始め方の例として、「メタトレーダー4」と「ミラートレーダー」の両方を導入している「Forex.com」の口座開設について説明します。

オンラインで口座開設を申し込みます。Forex.comの口座開設ページで口座開設を申し込むと、本人確認書類を送付するように指示があります。指示どおり、本人確認書類を撮影した画像をメールで送付したり、FAX、または郵送にて提出します。FX業者が書類を確認した後に、FX業者から「口座開設承諾の可否」についてメールで連絡があります。そして、口座開設をする場合は、「ログインIDや振込先」の案内がメールで送付されます。その後、簡易書留郵便にて「お取引口座開設完了報告」を申し込み時に登録をした住所まで送付されます。

口座開設は、「お取引口座開設完了報告」の受領をもって最終の本人確認となります。もし、登録住所に誤りがあった場合などは、郵便が宛先不明などでFX業者に差し戻されてしまうので、そのときは、まだ取引や入金等ができません。そのような事態が発生した場合は、FX業者から口座開設申込者に連絡があります。そして、それらがクリアすると、口座開設は完了です。その後、取引を行うために、10万円以上の初回預託証拠金の入金が必要になります。口座への振り込みは「クイック入金」と呼ばれるネットバンキングを利用した入金方法が便利です。10万円以上の初回預託証拠金の入金をFX業者が確認した後で、取引を開始することができます。


>> 【初心者向け】「ミラートレーダー」人気ランキングはコチラ

>> 【上級者向け】「メタトレーダー4」人気ランキングはコチラ



TOP

ミラートレーダーの業者

MT4の業者

FX自動売買の基礎知識

FX自動売買の人気コラム

このサイトについて


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2015 FX自動売買業者ランキング All Rights Reserved.