FX自動売買業者ランキング

自動売買を導入しようと検討中の方へ

通常、FXでトレードをする場合、自身の頭で考えて、買うべきか売るべきか、あるいは、手じまいをするべきかなどを判断し取引をします。このような手法の取引を裁量取引と呼ばれることがあります。裁量取引では、感情的な判断や主観的な判断が邪魔をして、ポジションを持つべきところで持てなかったり、決済すべきところで決済できなかったりします。それらの行為により、運がわるく、利益を得るタイミングを逸したり、損失を出したり、あるいは、損失が拡大したりすることがあります。その反面、運よく、棚からボタ餅な利益を得たり、損失が少なくてすんだりする場合もあるでしょう。

多くのトレーダーが、自己裁量に悩まされ、翻弄され、FXの世界から退場させられています。そのような現状の中、自動売買取引(システムトレード)は、そうした理由でFXを諦めていた人たちに活路を開いてくれました。なんといっても、自動売買取引は、トレーダーの代わりにトレードプログラムが稼動するため、そうした感情的あるいは主観的なものを一切排除したものであり、過去のデータに基づいて勝つための一定の法則に従い、24時間休まず、ひたすら売り買いを続けてくれるのです。

しかしながら、自動売買ならではのデメリットもあります。「ほっておけば必ず儲かる」わけではありません。一定の条件に従い、ひたすら売り買いを繰り返すため、利益を出し続けることもある一方で、損失も拡大しつづけることもあるのです。そのため、用意すべき資金の量は裁量取引よりも多くなるでしょう。また、資金の管理面についても裁量取引とは異なり、綿密な計画が要求されます。

はじめて自動売買取引を行う人は、取引通貨単位を低く設定すべきでしょう。自動売買取引が行えるFX会社のうち、取引通貨単位を1000通貨に設定できるのは、「サイバーエージェントFX、FXCMジャパン、Forex.com」などです。それらのFX会社で口座を開いて、自動売買取引を開始してみることをおすすめします。

また、自動売買取引といっても、自動売買取引プログラムを選択するのは自己裁量になります。たとえば、メタトレーダーであれば、適切なEAを、ミラートレーダーであれば、適切なストラテジーを決めなくてはなりません。EAやストラテジーについては、信頼の置ける業者が評価をしていることがあり、それらの評価を信じて採用する人がとても多いのですが、ひとつの自動売買取引プログラムに依存するだけで、継続的に利益を得ることは現実的ではありません。


>> 【初心者向け】「ミラートレーダー」人気ランキングはコチラ

>> 【上級者向け】「メタトレーダー4」人気ランキングはコチラ



TOP

ミラートレーダーの業者

MT4の業者

FX自動売買の基礎知識

FX自動売買の人気コラム

このサイトについて


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2015 FX自動売買業者ランキング All Rights Reserved.