FX自動売買業者ランキング

自動売買のリスクについても考えておこう

FXで自動売買(システムトレード)を行うには、FX業者と契約をして、それらの業者が提供するトレードシステムを利用することになります。そのため、サービス利用者は、FXの自動売買を行うにあたり、様々なリスクを持たなければなりません。実際に、普段トレードする上で、サービス利用者にはどのようなリスクが発生するのでしょうか。

まず、考えられるリスクは、契約したFX業者の破綻リスクです。契約したFX業者が破産などをした場合、当然、サービス利用者は、そのFX業者が提供していたシステムを使えなくなります。なかには、口座に預けたお金が全て保証されないケースもあります。口座に預けたお金に関しては、ほとんどのFX業者が信託保全をしていますが、保証される範囲が異なりますので、利用契約などで確認しておきましょう。また、今まで使っていたMTなどのトレードシステムが使用できなくなりますので、使用環境をバックアップして、他のFX業者でサービス利用を開始して、いちから設定しなおさなければなりません。さらに、今まで使っていた使用環境が全て再現されない場合もあります。使用しているシステムのバックアップとインポート(リストア)について、事前に確認しておきましょう。

そして、インターネット回線を通じて取引を行うため、インターネット取引におけるリスクもさまざまに発生します。インターネットは、誰でも自由に使用できる公衆回線を利用していますので、場合によっては回線が許容量を越えて、サービスが利用できなくなったり、利用しづらくなったりする状況が発生します。また、インターネットにつなぐための機器が故障して、サービスが利用できなくなったり、利用しづらくなったりする状況も発生します。このようなケースにおいて、ネット取引ができなくなったり、また、取引結果の返信に遅延が発生したりといった障害が発生してしまいます。ほとんどのFX業者では、このようなトラブルによって発生した損失の全ては、サービス利用者のものとされてしまうのです。

インターネット取引では、利用者側PC、インターネット回線、取引先事業者側のサーバーが全て正常に作動していることが条件で行うことができます。それらのうちのいずれかが故障あるいは不安定になったとき、または、取引を行うために必要な機能が無いとき、十分に取引が行えない状況が発生します。

機器による物理的なトラブルに加えて、ソフトウェアが正常に機能せず、不利益を被るケースもあります。サービス利用者側で使用している自動売買ツールの動作が重くなったり、取引中にエラーが生じたりする場合もあります。また、取引先業者が提供しているサービスのエラーも発生するリスクがあります。


>> 【初心者向け】「ミラートレーダー」人気ランキングはコチラ

>> 【上級者向け】「メタトレーダー4」人気ランキングはコチラ



TOP

ミラートレーダーの業者

MT4の業者

FX自動売買の基礎知識

FX自動売買の人気コラム

このサイトについて


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2015 FX自動売買業者ランキング All Rights Reserved.